貯金が苦手は治るかも?  4年半貯めた貯金箱を開封してみました

突然ですが「貯金額を教えて下さい!」と言われるとドキッとしませんか?

そして金額を素直に答えられますか?答えられる人より答えられない人の方が多いのではないでしょうか?

私はつい10年くらい前まで貯金がとても苦手でした。勿論低収入や浪費が多いという側面もあるのでしょうが、結局のところ「貯金しようとする意志」がとても弱かったと思ってます。

ですが1つのきっかけで少しづつ貯金をする癖が付き、約4年半かけてコツコツ積み上げた貯金の中身を公開します。

4年半かけて積み上げました!

社会人で「貯金」を始めたと言うと「預金」と混同しがちで、貯金箱への貯金は肩すかしの印象かもしれません。ですが私にとって意志の弱さを克服する小さな1歩になりました。

この貯金箱にお金を入れるにはルールがあり、決まった金額を決まった曜日に入れるようにしました。貯金が苦手な人やこれからスタートする人に参考になれば嬉しいです。

きっかけはタバコの値上げ

①たばこ税増税で立ち止まって考えてみる事に

今はほぼ電子タバコを使っていますが私は愛煙家だと思っています。

2018年10月からのたばこ税増税は、愛煙家に多大なダメージがあったと推測しています。仲間内の愛煙家の中にも「禁煙しないと無理かも」という声や「次の値上げで止める」という声がありましたが、私は不思議と別の事を考えてしまいました。

「例えば1日1箱で40円の値上がり… 40円×30日で1200円か…」

「1日2~3本買っているペットボトルを1本(約150円)減らせば大丈夫だな」

「待てよ… それが出来るなら100円余る」

「貯金箱に100円ずつ入れ続けるとどうなるのだろう?」

ザックリですがこんな事を考えていました。ちなみにこのタイミングで禁煙の方が、健康の為にも金銭的にもメリットが大きいと思います。社会的にも本来はそう考えるのが正解なのでしょう。しかし今回は「貯金」の話なので、この辺りはパスさせて下さい。

②思い立ったら実行してみる

とりあえずダイソーで貯金箱を購入し、仕事から帰ると100円玉を貯金箱に入れ始めました。なんでもそうかな?と思いますが、自分で決めて始めた事の初期は楽しい事が多くないですか?実際に私もこの頃は溜まったお金を何に使うか妄想して楽しんでました。今も昔も考えは子供のままなのかも知れません。

他人と比べない。ルールを作る。

ところが1か月を過ぎた頃に問題が発生しました。経験がある人も多いでしょう。そうです。面倒くさくなってきたのです。毎日仕事から帰ってきてから寝るまでの間、どこかのタイミングで貯金箱に100円を入れるだけの行為なのですが、たまたま100円玉が無かったり、家ではあまり財布に触れる事が少ないのでうっかり入れ忘れてしまったりが続き、時には裕福そうな人を見て自分の小ささを感じてしまい、次第に貯金箱への入金が途絶え始めました。このままではきっとエンディングを観ないで終わる映画みたいなモヤモヤが残り、貯金箱が視界に入るたびに敗北感で情けなくなりそうだったので、自分が絶対に実行できるルールを作りました

①他人の財布にいくら入っていても自分の物になる訳ではない。他人の事は気にしない

②毎日入れるから面倒になる。週1回にして金額も500円玉1個にする(基本的に金曜日の帰宅後に入れ、忘れたら土日で思い出した時。そこも忘れたら翌週のどこでも良いが500円玉2枚)

大雑把な私に細かいルールや数多いルールは遂行できないので、原則的なルール2つを守る事だけにしました。私は基本的に土日休みが多いので、1番リラックスできる金曜日の夜にだけ貯金箱に入れるというルールは、今もルーティーンとして癖付け出来ていて継続しています。自分に合ったルールを見つける事が出来た事が継続できた大きな要因だったと思います。

コツコツ積み上げた結果

貯金箱には¥10,0000と記載されているのできっとMax10万円なのでしょう。果たしていくらはいっているのでしょうか…

開封してみます。

洗浄したら何枚かは10円玉の銅が付着して、少し赤くなってしまいました。

合計金額は¥78,975でした!10万円にはちょっと遠いですね…

もう少し上かと思っていたので少し残念です。とは言えコツコツ4年半かけて積み上げた結果としては、悪くないどころかとても感慨深い気分になります。

1円~50円まで入っているのは、たまたまあった小銭を財布に戻すのが面倒な時につい入れてました。

問題は銀行の営業時間中に間に合うように硬貨を運ばないと預金出来ない事ですね。

貯金箱を開けて気付いた事

貯金箱で貯金を続ける事自体、きっと難しい事ではないと思います。ですが私は私に足りない「継続力」を成長させる事が出来た事がとても大きな成功だったと思います。

始めた当初に考えていた「何に使おうか」と膨らましていた妄想も、不思議と「このお金どうしよう」に変化しました。それは4年半の歳月のせいなのか、自分のお金に対する意識が変わったのか分かりません。ですがやはり貯金に対する意識が変わったのでしょう。今は銀行預金が普通に出来るようになりました。振り返れば「貯める」という事に意識が向かなかった私が、毎週貯金箱に500円玉を入れるというルーティーンを通じて「貯める」事に意識が少しずつ向かっていった結果ではないかと思えます。

貯金箱は貯めた金額の他に、貯めた本人しか分からない興味深いモノも詰まっているかもしれませんね。

もし貯金が苦手な人は、小さな1歩として貯金箱からスタートしてみるのも面白いと思いますので参考にして頂けるとと嬉しいです。

最後までご覧いただいた方に良い一日を!


人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA